"女性は頬に手をあて

 

「そうなんだよねぇ……首の据わってない赤ん坊を預かるなんて、恐くて出来ないよ…況してや、他の子も居るんだし……3ヶ月まで、家の中でやってみたらどうだい?……そうか、親御さん 日本買樓須知 預けるとか」

 

美沙子は顔を横に振り

 

「私と奎ちゃんに親は居ない…とうの昔に死んでるんだ」

 

女性は申し訳なさそうな顔して

 

「そうかい…ゴメンよ……昼間の定食屋か…じゃ昼間…定食、食べに行っていいかい?……あんたン所の料理、美味しいんだよ……家のご飯みたいでさ」

 

話を変えて女性の顔が綻び、更に赤ん坊の世話をすると言う

美沙子は驚き

 

「駄目だよ…お姐さん……お姐さんも忙しいんだからさ!…生活習慣が崩れるよ!」

 

2階から、赤ん坊の泣き声が聞こえ始め、女性と美沙子は2階を見上げた

 

「…ああ…長話をしちゃったね……遥香ちゃんに、お乳をあげに行っといでよ?」

 

「少し泣かせておくよ…そうすれば、元気よくお乳を飲むし、よく眠ってくれる」

 

それでもで心配気に見る女性

 

「あんたはそうでも、私は心配しちゃうわ…行っといで」

 

掌を振って美沙子を促し、彼女は申し訳なさそうな顔をして

 

「そお?……じゃ、お乳をあげてくる」

 

そう言って店の中に入り、階段を上がる音がした"