Créer mon blog M'identifier

(俺にも謝ってくれるかな。)ワクワクしなが

Le 7 septembre 2018, 17:01 dans Humeurs 0

(俺にも謝ってくれるかな。)ワクワクしながら隼人が待っている。しかし、周りは長尾家の武士ばかりである。こんな男がすんなり紛れ込めるハズが無い。雑兵達は、立派な鎧を身に微信公眾號公司けた大柄な男に、どこかの将かと遠慮をしているようであるが、指揮官クラスの人間はそうではない。「おぃ。ヌシ、何者じゃ。所属は、いずこじゃ?」と、聞かれ、それを必死にはぐらかしていると、景虎は論功行賞を始めてしまった。(ちっ。んだよ。謝られるチャンスを逃しちまった。こりゃ、まだまだ掛かりそうだな。)がっかりした隼人は、「安田景元!此度の大手門の力攻め、誠に見事であった!」等の論功行賞の言葉を聞きながら、北条城を後にした。そして、西へ足を向ける。(あれだけの軍勢、帰るとしたら北陸道だろ。)景虎の帰り道に当たりをつけると、隼人君の槍に荷を引っ掛け、具足姿のまま歩いていった。

「大殿が、肥後の菊池を滅ぼして凱旋じゃー!」

Le 5 septembre 2018, 04:52 dans Humeurs 0

「大殿が、肥後の菊池を滅ぼして凱旋じゃー!」近づいて来た喧騒から、その言葉を聞き取ったGは、(大殿?宿の主人が言っとった大友義鎮か?)菊と、道の脇に寄り、入る事の出来そうな脇美國集運を探す。しかし、一番近い脇道は軍勢の向かってくる方にチラホラとあるくらいで、そこへ向かえば軍勢に、かちあうであろう。(こんな時に…。)Gは、ちらりと男装の菊を見て、(この男装に賭けるしかない…。)と思い定めた頃、喧騒は二人のもとまでやってきて、二人を包みこんだ。「さすが大殿様じゃぁ!」「こりゃぁ、大友家もまだまだ栄える!ワシらも稼ぐぞぃ!」まさしくお祭り騒ぎな領民達は道端から軍勢に向かって拍手喝采を送っている。そんな中を伏し目がちに佇むGと菊は、恐らく目立っていたのであろう。軍勢の中程、きらびやかな陣羽織を着た騎乗の若者が二人を見て歩みを止めた。「大殿、どうなさいましたので!」すかさず走り寄る、周りの者達を手を振って追い払う、この大殿こそ、第21代大友家当主、大友義鎮であった。その義鎮は、何も話さずに、菊をジロっと見つめ始めた。

「殿ぉ!何ゆえぇ!某を置いていかれ…」バコ

Le 26 août 2018, 06:29 dans Humeurs 0

「殿ぉ!何ゆえぇ!某を置いていかれ…」バコン思わず隼人が叩く。「おぃ。藤吉郎。お前は声がデカいと何度言えば分かる!」「あ。申し訳ありません。」藤吉郎は、軽く頭adrian cheng retail chain in china下げ、「しかし、殿。何ゆえ某を置いていかれるのです。」と神妙に聞いてきた。しかし、隼人は素直に質問には答えず、「お前、忠次殿との会話を盗み聞きしたな…。」と、逆に質問で返した。「っう。」と、痛い所を突かれ言葉を詰まった藤吉郎は、会話を切り替えるため、突然笑顔になったかと思うと、「殿ぉ!食べ物沢山持ってきやしたぁ!この背の荷に!!詰め込んであり…」バコン「煩いっちゅうとろうがぁ!」この二人は結局いつもこうであった。大声を出して、シマッタと自ら反省した隼人は、藤吉郎を路地へ連れ込み、「お前、付いてきても給金は出んぞ。」と念を押した。

Voir la suite ≫